家づくり日記~安月給サラリーマンの家づくり~
「家を建てたい」と思い立ったところから最後までの記録にしています。現在住み心地をレビュー中です^^
訪問者数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハゼモト建設さんで家づくりを完了!現在住み心地のレビュー中です。これから家づくりされる方々の参考になるような記事にするよう心がけてます♪何かリクエストなどあればコメ下さい^^

もし良ければ応援お願いしますm( _ _)m

にほんブログ村 住まいブログへ
全国工務店ブログ広場



【 PR 】




カテゴリ



最新記事



検索フォーム

カスタム検索



ローン金利動向



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれ?

こんばんは、ひろです!


この終末はまたしてもハゼモトさんと打ち合わせ、電力会社のショールーム。
そして完成見学会、各メーカーのキッチンを下見、と家づくりのイベントフルコースでした^^

間取りの方は収納の扉の開け方や玄関収納の形なんかをちょっとずつ変更。
もう少しで固まりそうです♪本当に間取りは微調整のレベルですね^^v
そして大方間取りが固まったところで見積もりの再提示。

総額31**万円也orz

どこにそんだけお金がかかったんだ!と思い明細を見ましたが、和室の3枚引き戸や
バルコニーなど私達が「オプション」と思ってないようなところで結構費用が発生しているようです。
こうやって費用が上がっていくんだな~と実感orz
オプションと思って落とせそうなのは床暖房位です。どうやって予算内に押し込むか。。。; -"-)


それから完成見学会!
ハゼモトさんで建てられた他のお客さんの家に見学に行きましたが、こちらは大収穫です。
間取りの雰囲気や部屋の広さは大体私が予定しているものと似てたので、実際のボリュームは
かなり具体的に掴む事が出来ました^^
そこで一番強く感じたのは玄関の狭さ!
「広め」とは言われてましたが土間+玄関ホールの部分が合わせて2帖半。
横方向には十分そうですが、もう少し奥行きは欲しいと感じました。
かと言ってもうスペースは無いし。う~む。。。 ( -"-)


そしてもう一つ。電力会社のショールーム見学。
以前の記事「ガスも捨てたもんじゃない! 」でガス会社の設備の体験談について
書きましたが、今回はその電化版です^^
と言っても今回はガスとの比較は無く単純にIHの調理体験、と言うだけですけどね。
今回は私も調理させてもらいました^^v
献立は「チャーハン」「天ぷら」「鮭の切り身」です。
ガスの体験をした時は嫁が野菜炒めを作って「手や顔が油で大変な事になった」とかなり驚いてました。
実際に野菜炒めからも大量の湯気がもうもうと立ち込め大変な事になってました。

その様子をみて正直「何だIHは!」と愕然としたものですが、今回体験した限りは全くそういう
事はありませんでした。
鮭は普通にガスで焼いたのと変わらない仕上がりでしたし、天ぷらも(もちろんガスで調理したのと
同等の油はねはありますが)特別油でギトギトになったという事はありません。
IHはクッキングペーパーで鍋に蓋ができるのでむしろガスよりも油はねは少ない位だと思います。
チャーハンは私が終始調理をしましたが特別ガスで料理をしたのと仕上がりに差はありません。
パラパラのおいしいチャーハンが出来上がりました。特に油で汚れたりもしませんでした。
IH特有の鍋振りしない調理はガスで慣れてる私には少しストレスですが、これははっきり言って
慣れの問題です。

ガスの体験をした時に「IHで調理をすると大変な事になった」と説明していただいた方に
話をしましたが、「実際に調理してそんな事になった話は聞いた事ないです」との事。
実はそのガスのショールームと今回言った電力会社のショールームは同じ建物の中に
あるんですが、よくガスの方でそのような体験をしたから電気の方も体験に来た、と
私達と同じ事を言うお客さんが結構いるんだとか。
特にガスのショールームでズルをしてる様子も無かったんですがあの状態は何だったんだか?

少なくともIHに抱いていた不信感は無くなりました^^
安心して電化住宅での暮らしを迎えられそうです♪

>皆さんも一緒に家づくり頑張りましょう!!



スポンサーサイト

テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


大和ハウチュに行ってきた

こんばんは、あっという間に3連休が終わってしまいましたね^^
今日は大和ハウスに行ってきました。
もうほとんどハゼモト建設にお願いする事は決めたんですが、以前展示場にフラッと
寄った時にアンケート「大和ハウスに興味がある」と答えていたのが、今頃になって
お誘いと相成りました。

予算的に折り合いが付かない事も承知のうえでしたし、今更感が強かったので
断ろうとも思いましたがなんとなく断り切れず話だけでもと言う事で行ってきました。

説明によると大和ハウスは断熱性能を特に売りにしているそうで、なかなか気合の入った
説明でした^^;
鉄筋の構造体を使っているそうですが、鉄筋と鉄筋の間にも断熱材を挟んで熱を伝えにくく
してたり、グラスウールを適度に圧縮してシート状にしたものを外張の断熱材と合わせて
断熱材として使用する事で断熱効率を高めたり、と言う工夫がされているそうです。

住宅ローンやら土地の話は散々今まで聞き倒してきたのでこちらもあまり触れませんでしたし、
向こうにも軽く話をしてもらった程度でしたがきっと聞けば色々聞かせてくれそうな雰囲気です^^
ただ、社風なのかたまたま営業さんが熱心だったのか、とっても熱心にこちらの話を聞いて
くれるし、土地の目星を付けている事を伝えるとすぐさま間取りを検討してくれたりととっても
好感の持てる営業さんです*^0^*

さらに大和ハウスでは太陽光発電も1kwあたり60万、で設置可能でさらに1kw分は大和ハウス側が
料金を持ってくれるとのことで、実質4kwのパネルが200万程度で設置可能と言う事です。
太陽光を検討されている方には割と手が届きやすい金額ではないでしょうか?^^
(ちなみにミサワホームでは1kwあたり100万と言われました。これはさすがに無理ですね><)

予算の見積もりを(成り行き上)一応お願いしましたが予算的には全部で3400万~500万位には
なりそうなので私の予算には全然折り合いが付きませんが、個人的な感想としてはセキスイに
頼むよりは大和ハウスの方がお願いしやすそうな雰囲気でした♪



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


ガスも捨てたもんじゃない!

先週は家づくりのセミナーと言う事でガス会社主催の説明会に参加してきました^^
内容としてはガスを使った設備の紹介と、IHとガスで料理を作って食べ比べ、というものです。


設備の紹介はざっと流した感じでしたが、やっぱり「暖をとる」と言う利用においては
ガスの方がよさそうな印象を受けました^^
それから今売り出し中の「エネファーム」も説明がありましたが、こちらは太陽光と違って
電気は買ってもらえないみたいですね。。。
エネファームを設置するとガスの料金プランも電気のように割安なプランが適用できるなど、
ちょっと良いなとも思ったのですが、いかんせんまだまだ設備費用が高くもう少し普及して
値段が下がって来ないと実際に設置するのは難しいと思いましたorz

でも勉強になったのはその後のIHとガスの調理比較です!
両方とも最新のビルトインコンロを使っての比較でしたが、便利機能としての温度の自動管理
や過熱防止なんかはほぼどちらも同じです。
でもいざ比べてもらうと差は歴然!以下説明です!

○ ガスには炊飯機能やオーブン機能が備わってる。
  スイッチ一つで米が炊ける機能や、小ぶりなダッチオーブンがグリルで使えるような
  機能が備わってきてますね。
  お米は洗ったお米と分量の水を入れれば後はスイッチ一つでコンロ側が火加減の調整なんかを
  自動でやってくれるようになってました!炊きあがったら自動で火を消してくれたりとホントに
  手間いらずでふっくら美味しく炊きあがってましたよ!毎食炊いて食べてる方なんかは炊飯器
  より早く炊けるし(20分程度)、便利じゃないかと思いました♪

○ IHはグリルの手入れが大変。
  ガスのグリルは受け皿を外して中を拭く事ができますが、IHは受け皿は外せても加熱用の
  ヒーターに油が付いてしまうため、この部分の掃除が大変だそうです。
  普段調理する上面はフラットな分IHに部がありますが、ガスの方も五徳が小さくなってたり、
  かなり手入れはしやすくなってる印象を受けました。

○ IHは周りが汚れる。
  「IHはダクトが汚れない」と聞いた事はないですか?確かに同じダクトを使ってIHとガスで
  料理をするとIHの方が汚れにくいそうです。でもこれを鵜呑みにするのは間違いです。
  同じ食材を使って同じように調理すれば同じだけの油なんかが上記とともに飛散します。
  ガスは炎を使うので上昇気流が生じ、ダクトに吸われていきますが、IHはこの上昇気流が
  大きく発生しないので、ダクトには吸われず周りに飛び散ります。(嫁が実際に調理を
  していましたが、メガネや手が油で汚れてました^^;)
  要するにダクトが汚れないのはそれだけ周りに散ってるから、というだけです。
  (実際にドライアイスを使って空気の流れを見せてくれましたが、IHの方はもうもうと周りに
  広がってました)
  これを避けるため、IHのグリルを設置する方はIH専用のダクトを設置するそうですが、
  窓もそばに作って換気もできるように考えた方が良さそうです!

○ IHは加熱ムラがある。
  IHは鍋やフライパンの「底」を加熱して調理するのでしばらく経っても底以外は熱くなかったり
  します。(アシスタントの方がしばらくIHで加熱した鍋を素手で触ってたのにはビックリしました)
  ガスは鍋やフライパンを周りも加熱するので、鍋の中で対流が発生し、混ざっていくのですが
  IHは底だけしか加熱できないため、この対流が発生しにくく煮物や煮込み料理は味ムラが
  できてしまうそうです。(調理の仕方を工夫すればどうにかんなるんでしょうけど^^;)

○ IHは火力に制限がある。
  IHは法規的に5.8kwまでしか電力を使用できないそうです。対してヒーター一つを最大出力で
  使用すると3kw消費するらしく、一つのヒーターで3kw消費すると残りのヒーターとグリルで
  余剰2.8kwを使用する事になる為、もう一つのヒーターで同じく3kwの出力は使えなくなって
  しまうそうです。(最も強火の状態で2つともヒーターを使うケースはあまり無いように
  思えますが^^;)
  規定の5.8kwを超えた場合は火力を入れ替えながら調理する事になる為、思った以上に
  時間がかかってしまう場合もあるようです。
  さらに、魚焼きグリルで鶏肉を焼いて比較の試食を行いましたが、火力が低いせいか
  IHは焼きあがりまでに時間がかかり、皮もパリッと言うよりはブヨッとした感じの仕上がりで
  味にも差が出ていました。上面ヒーターで野菜炒めも作りましたが、できあがりまでの時間も
  全然ガスの方が早いです!
  美味しく作ろうと思うとIHのグリルは火力に難があるように思えます。

○ IHは安全な様で危ない。
  IHは上面に火が来ないので安全と思われているようですが、調理が終わった後は数百度の
  鍋やフライパンを置いているので当然熱いです。(濡れ布巾を置くとジューと湯気が上がって
  ました)
  さらに火を使わないからと言う事でヒーターの上に物を置いておくとそれが加熱されたりして
  危険です。
  紙や木は大丈夫ですが、アルミホイルなんかは置くと加熱されてしまいます。加熱された
  アルミホイルの上に紙を置くと当然発火するので上面には物を置かないように注意との事です。
  慣れれば当然の事なんでしょうが、「IHは火を使わず安全」と言う詠い文句の元、ガスで
  常識と思っていた事がIHでは無くなっている様な錯覚に陥ってしまうので注意が必要です!
  
ざっとこんな感じでしょうか?
今回はガス会社主催のセミナーだったんでガスのアドバンテージが強調された内容になって
いましたが、このセミナーを受けて「料理においては絶対にガス!」と言う印象を受けたのは
確かです。
とは言え、経済的な事も考えて判断する必要があるので、その辺は踏まえて考えますが、
一つ思ったのは猫も杓子も「オール電化」と詠われてますが、盲目的に取り入れていくのでは
なく、自分の目できちんと善し悪しを確認したうえで判断するべきだと思いました♪

皆さんも機会があればこういったセミナーに参加して、きちんと判断される事をお勧めします(^0^)


応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ


テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


良心的な工務店の見分け方

先日市が主催している家づくりの勉強会に参加してきました。
内容としては建築士だったりファイナンシャルプランナーだったりが講師として講演して
くれるというものでしたが、その中で「良心的な工務店の見分け方」と言うのを
教えてくれましたので今回紹介したいと思います。

工務店にお願いして安く家を造りたいけど、安心して任せられるのかどうか心配、
と言う人も多いのではないでしょうか?^^
今回はそんな方向けの内容です♪

その講師の方は2点見分け方を教えて下さいましたが、まずその1点目です♪

1.良い工務店は見えないところにお金をかける

家と言うのは柱だったり梁だったりで骨組みを作り、そして断熱材を敷いて最後に外壁・内装と
だいたいこのステップで進むようです。
この中で外壁、内装は最終的に目に見えるのでどの会社もきれいに見えるように仕上げますが、
家という「器」の機能としてはむしろ柱・梁・断熱材など、工務店側が言うところの「構造体」が肝になり、
ここがしっかりしているかどうかで暑さ寒さや耐震性などが決まってきます。
良心的な工務店はこの最終的に壁や内装で蓋をしてしまい見えなくなる部分に力を入れて
施工するそうですが、そうでない工務店は内装のおしゃれさだったり、充実した装備だったりと言う
上っ面を固めて売り込みをするそうです。
(もちろん装備やおしゃれも売りの一つですから、基本的なところをちゃんと押さえたうえで
売りこんできているんであればそれはそれで問題ないですよ?^^;)

一つ明確におっしゃっていたのは、いわゆる内断熱工法(柱と柱の間に断熱材を敷いていく
工法です^^)を用いて施工する際の断熱材に「10K 50mm」と言うタイプの物を用いて施工し、
「ちゃんと断熱材を敷いてるから大丈夫」と言う工務店はNGです!との事。
この「10K 50mm」と言う断熱材は気休めにしかならない程度の断熱機能しか無いそうで、
「施主さんがお金が無いからこれでやってくれと頼まれた」と言うならいざ知らず、胸を張って
「うちはバッチリです」と言う工務店は見ても分からないからとあなたに嘘を言っている可能性が
あるそうです。

それから2つ目。

2.住宅性能表示を実施している

そもそも住宅性能表示とはなんぞや、と言う話ですが、講師の説明によると要するに
「断熱性や耐震性能など目には見えない家の性能を設計図面や実際の計測結果に基づき
点数をつけましょう」と言うものだそうです。

 >> 住宅性能表示について詳しく知りたい方はこちらへ。

この点数を付けるのは施工する工務店ではなくきちんとした第3者機関が評価するので、
工務店はキチンと施工し、評価が得られるだけの品質に家を仕上げない限りは工務店が
宣伝するような評価を得る事ができません。
要するに工務店が「うちは地震に強いですよ~」なんて宣伝していてもこの住宅性能表示の
結果を見ればそれが嘘かホントかは一発でばれてしまう訳です^^b
それに複数の工務店・メーカーが「うちの家はイイですよ~」と言われてもこれまで建てる側は
それを同じ尺度で比べる事ができませんでしたが、この表示を見る事で「この工務店よりこっちの
工務店の方がいい」ときちんと把握する事ができるようになります。

これを踏まえて、家を建てる側は工務店が公開する評価の結果と値段から折り合いの付く
工務店を選べば良かれ悪かれ家の性能をある程度把握したうえで買い物をできるようになります。

で、ここで問題になるのはこの住宅性能表示をやっていない工務店。
実はこの住宅性能表示と言うのは義務では無いらしく、まだ実施していない工務店も
多いそうです。これも実際に住宅性能表示をやってしまうとボロが出てしまうから、という理由で
対応していない工務店もあるそうなので、「住宅性能表示ってされてますか?」と聞いてみて、
「いや~お客さん、あんなのしなくてもうちの家は大丈夫!」という様な工務店は避けた方が
良いとの事でした^^
逆にいえばこの住宅性能表示をされている工務店であれば、品質面では安心して良いと
言えそうです!

この2点を踏まえると私が一番本命と考えている工務店はむしろこの辺を常にアピール
されていたので問題無しの優良工務店と判断できそうです*^0^*
工務店に家づくりをお願いしようと検討されている方は参考にされて下さい!

↓そして「参考になったよ!」と言う方は支援をお願いしますm(; _ _)m
にほんブログ村 住まいブログへ


テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


家づくりにもハッタリは必要です(笑)


こんばんは。ひろです。

ここしばらく実は積水ハイムの家を見に行って営業さんと仲良くなってきました。
元々ハウスメーカーの家は「高い」というイメージがあったのであまり相手に
してませんでしたが、成り行きで見に行ってみることにしました。

モデルハウスなのであまり家そのものは参考※になりませんでしたが、
この営業さんがなかなかイイ事をいっぱい教えてくれるので紹介していきたいと
思います。

※ 今から家を見て回ろうと思ってる方へ
 住宅展示場の家は夢を見るための場所であってあれを買えると思うのは
 無謀です!知ってる人の家と比べてみるとよく分かると思いますが、
 あまりにも現実離れしちゃってます^^;
 参考にされる場合は窓や装備などの”部品”を見ましょうね^0^

話を本題に戻しますが、皆さん建てた家を「他人から良く見られたい」という
見栄」はないでしょうか??
私ははっきりいって「大アリ」です!
高いお金を払って家を建てるからには「お前の家イイね~!!」って人からは
言ってもらいたいもんです。

じゃあこう思ってもらうためにはどうしたらよいか?と言うことになるんですが、
答えはシンプル。

他人から見えるところにお金をかける!

これです^^;
湯水の様にお金が使える方は別ですが、皆さん予算は限られていると思いますので、
あとはそのお金をどこに振り分けていくか?という事になります。
となれば、このお金の比重を人の目に映る部分にかけていく、と言うのが作戦になります。
2Fの子供部屋や寝室なんかはお客さんを通すことなんか普通無いので、こういう部分に
お金をかけてもお客さんには分からないという話ですね^^;

ではどこにお金をかけていくか?
営業さん曰く、家の中の3か所を押さえればOKという事です。
その3か所とは、、、

① LDK
   真っ先に思い浮かぶのはまぁLDKですよね^^b
   家の中で居座る時間が長いのもLDKになるんで自然とお金は偏っていくと思います。

② 玄関
   お客さんが家に来て真っ先にたどりつく場所です。
   なんでも家に来る人(運送屋さんや郵便局の方なんかも含んでの話です)の実に78%は
   玄関までしか家には入らない、というデータがあるそうです。
   要は玄関をちょっと工夫しておくだけで8割弱の方には「あの家豪華だな」と思って
   もらえるという事ですね♪


そして案外忘れられがちですが、最後の1か所

③ トイレ
   そう、お客さんが家の他人の家でも利用するLDK以外の場所です。
   「トイレは家の鑑」なんて言葉もありますが、トイレが安っちいと家全体がそうと思われ
   がちなんだとか。
   今は1Fと2F両方にトイレをつける方が多いと思いますが、これも1Fは少し予算を出して
   豪華にし、2Fは「家族が困らなければOK」という感じでメリハリをつけるとGoodだそうです^^

この3か所。要は主としてお客さんを通す場所を押さえとけ、っていう話ですね^^;

特に予算ギリギリで建てようとされている方は飾棚なんかの「生活で必要としない部分」の
コストを落とす傾向にあるようですが、営業さん曰く「よそを少しケチってでも玄関は豪華に
と強く推奨されていました。
何も高価な何かを取り付けたりすることはないからちょっとした飾棚をつけたり、角を少し削って
ホール部分を広くみせたり、とにかく何か工夫をしなさい!それすらもするお金がなければ
ホームセンターで5,000円~10,000円程度で壁紙に使えそうなおしゃれなシートが売ってたり
するからそういった物を使って少しでも見栄え良くしなさい!とおっしゃってました。

この話には私自身はげしく同意です!
実際私自信が家を見学に行った先でもちょっとした飾棚があるだけで「おしゃれだな」と思う事は
多々ありました。聞くとあの棚(壁の一部をくぼませてちょっとした照明をつけたもの)は大した
金額をかけずにできるそうです。

ぜひこの意見は私自身の家づくりに反映させていただきたいと思いました^^b
何分予算が少ないんで。。。orz




テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。