家づくり日記~安月給サラリーマンの家づくり~
「家を建てたい」と思い立ったところから最後までの記録にしています。現在住み心地をレビュー中です^^
訪問者数



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハゼモト建設さんで家づくりを完了!現在住み心地のレビュー中です。これから家づくりされる方々の参考になるような記事にするよう心がけてます♪何かリクエストなどあればコメ下さい^^

もし良ければ応援お願いしますm( _ _)m

にほんブログ村 住まいブログへ
全国工務店ブログ広場



【 PR 】




カテゴリ



最新記事



検索フォーム

カスタム検索



ローン金利動向



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無理なく進める繰り上げ返済!


こんばんは、ひろです^^


新居に移り住んで1年強が過ぎました♪
家が出来上がってしまうと次に気になるのは住宅ローンの支払い!
ボーっと払い続けると定年退職後にまで支払いが食い込んでしまうので
繰り上げ返済を頑張らないと!です^^;

ところで皆さんのお宅ではどんな感じで繰り上げ返済を計画されてますか?
今は「1円から繰り上げ返済できます」なんて言う羨ましい銀行さんもありますが、
私が借りている銀行は1回50万円以上、と言う事でどうにか50万円を貯めない事には
そもそも繰り上げ返済も何もない!という状況です。
だもんで嫌でも計画的にならざるを得ないんです><
(ところでこの「1回50万円以上」っていう条件って標準的ですか??)

と言う訳で、今回はうちがこの50万円をどうやって貯めに行ってるか、と言う
ご紹介をば♪
我が家は余裕資金を繰り上げ返済に回してるので実はそれほど家計は辛くありません^^
皆さんの参考になればと思います♪


さて、我が家の返済計画ですが、次の手段で繰り上げ返済用の資金を捻出しています。

① 毎月の積立
我が家は変動金利でローンを組んだので、いつかはローン金利が上がってしまうリスクが
あります。ですので、そのリスクに備えての支払い余力として本来の住宅ローンの支払い額よりも
多い費用を返済用として毎月の予算を割り当てました。
本来のローンの支払いは毎月8万台円前半ですが、毎月10万円をローンの支払いとして当てて
います。この差額は現在繰り上げ返済用の費用の積み立てとしていますので、毎月1万数千円、
年間20万チョイはこれで捻出できています^^
(ちなみに自腹を痛めてるのはこの部分だけです^^)
うちにはまだ子供がいませんが、とりあえずいつか子供ができて幼稚園とかに通いだすまでは
この部分は毎月続ける予定です♪

② 住宅ローン減税
皆さん良くご存じの住宅ローン減税です。支払い開始から向こう10年は税金をバックして
くれるというありがたい仕組みですね^^
この部分は払ってしまって手元には戻ってこないはずのお金がドンと戻ってくるのでかなり
お得な感じがします(*^ー^*)我が家ではこの減税によって戻ってきた費用も最初から無いと
思って繰り上げ返済にあててます。①はそれぞれのお宅で事情が違うのでできない人も
いらっしゃるかと思いますがこれは家を建てた人はみんな実現できますよね?^^
額も太いのでかなり効果的です♪これでも20万ちょっとを捻出できました^^

③ 太陽光発電の売電
前回の「【電気代総括】太陽光発電による節約効果は?」でもまとめましたが我が家の味方!
太陽光の売電額年間約17万円も繰り上げにあてています。  
電気代も買電と売電を混ぜてしまうと電気代を「タダだ」と思って無駄遣いしてしまいがち
ですが、あえて買電と売電を分けて考え、買電分は普通に電気代として捉える事で電気の
無駄遣いもしないよう意識できるし、繰り上げ返済用の費用も捻出できて一石二鳥です(*^ー^)b


と言う訳で、この3点をきっちりやる事で年間50間年強の費用を捻出しています。
しかも、このやり方のイイところは毎月の予算内(上記の①)で費用を捻出できるので
繰り上げ返済する為に貯金をはたかなくても良いと言うところです。
毎月の給料内で費用を捻出できるのでボーナスや奥さんのパート収入は全部別の用途に
向けて貯金もできています(^^)v
毎年50万、最初の10年で計500万の繰り上げ返済ができるのはマズマズではと思うのですが
いかがでしょうか?(*^ー^*)

後々泣きを見ない為にも繰り上げ返済がんばりましょー!(^0^)/


>参考になった方はポチッとお願いしますm(; _ _)m



スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:結婚・家庭生活


不動産取得税を節税できそうです♪
こんばんは、ひろです^^


工事の進捗ばかり載せても面白くないんで進捗は適当にまとめ書きするとして、
それ以外の事もちょこちょこと挟みつつ書いていきたいと思います^^

で、今回はここに来てちょっとタナボタ的に得したことがあったのでその事を。


■ タナボタ その1

先日ローンの借り入れ額を増やしてもらう為銀行に手続きに行ってきました。
(寄りによって結婚記念日に借金の手続きでしたorz)
その際つなぎ融資の利息がどれくらいの額になるか確認したところ、
最初に資金計画を立てた際に見積もっていた額の半分以下になりそうだと
言うことが分かりました♪
と言っても特別な事をした訳じゃなくて、以前にも記事にした事がありましたが
身内から資金を借りた(本融資まで立て替えてもらった)のと、手持ちの資金で
支払う事で、つなぎ融資を受けずに支払いをしていただけなんですが^^;
ところが資金計画上この浮いた利息を反映してなかったので、額面上はこの分が
浮いた形になった、と言うだけですf^^;

書類上の数字が少なくなっただけではありますが、逆に全部書類上で帳尻合わせを
してたので、私的には嬉しい発見でした(^-^)
かなり長い間打ち合わせをしてたので、逆にこれをやってなかったらと思うと
ちょっとゾッとしますorz


■ タナボタ その2

去年末購入した土地と建物それぞれの「不動産取得税」の請求が届きました。
古家付きで土地を購入した為その額合わせて約16万。
(太いっすわ~。。。orz)
とは言え、支払わない訳にもいかず、支払ったんですが、実はこの不動産取得税
条件によっては一部支払いが免除される仕組みがあります♪
土地と建物で条件が違うのですが、

○ 土地
土地の購入から3年以内に特例住宅(床面積50㎡~240㎡)の家を新築した場合、
登記簿の写しを持っていって手続きをする事で税金の一部を返金してもらう事が
できます。
(他にもいくつか返金してもらえる条件があるようです。)

○ 建物
私の場合、解体する前提で古家付きの土地を購入しました。
この建物は結局一度も使用しないまま解体したのですが、この場合「最初から
家を取得していない」と言う見なされ方をするらしく、古家の滅失登記の写しを
持っていって手続きをする事で家に対しての取得税は全額免除になるとの事です。
税務署の方の説明によると、駐車場や倉庫としてであってもちょっとでも使うと
また話は変わってくると事でしたが、私の場合は全くって未使用だった為、
全額免除が適用されるとの事でした♪

土地と建物合わせて10万近く節税できる事になるんで超ラッキーでした(*^0^*)
ただし、私はまだ登記は終わってないので一旦は税金の支払いを済ませ、登記終了後に
再度手続きをして払い戻し、と言う流れになります^^

この税金は国ではなく都道府県が課している税金になるので詳細は各都道府県の
HP等を参照下さい^^
(内容はどの県も大して差は無さそうですが細かくは調べてませんんで、この場で
「どの県も同じ」と言い切る事は避けさせていただきます^^;)
いずれも減免の手続きをしないと払い戻しは受けられないので、該当しそうな方は
手続きをお忘れなく!


>参考になった方はポチっとお願いします^^



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


どうやら詰んでしまったようです。。。


こんばんは、ひろです。


GWウィークも残すところ明日1日のみになってしまいましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私の家づくりはこの連休中に大きな転機を迎える事になってしまいました。
今回は連休中起こった事をまとめます。

① 地鎮祭
5/1に無事地鎮祭が完了しました!
風が強くてかなり寒かったですが、天気には恵まれて良かったです♪
カメラは持っていってましたが、式の最中に当の本人が写真撮影する訳にもいかず、
写真は無しです^^;
事前に式の流れを営業T氏から説明いただいた際に「祭壇に神様を呼ぶ時に神主さんが
『ヌォォ~』と言います」と聞いてましたが、式の最中神主さんがまんま『ヌォォ~』と
言いだした時は内心笑ってしまいました。
『ヌォォ~』と聞こえるような何かを言うのかと思いきや、まんま『ヌォォ~』です。


② 隣地のよう壁
お隣さんとのよう壁ですが、地鎮祭の時に写真に撮ってきました。

隣地よう壁解体後

当初「ブロック3つ分程度の幅のよう壁工事が必要」と説明を受けてましたが、実際に
解体したところ数mのよう壁工事が必要になったとのことですorz
元々7~8万程度の費用が必要との事でしたが、このような結果となり15万程度費用が
最終的に発生するとの事です(┬┬_┬┬)


③ 崖の補修
これも地鎮祭の時に説明を受けた話になります。
まず私が買った土地は「宅地造成規制区域」というものに指定されています。
この「宅地造成規制区域」に関連してハゼモトさんが役所に許可を取りに行ったところ、
「崖の補修は必要ないんですか?」という事を指摘され、許可が下りなかったとの事です。

そもそもこの「宅地造成規制区域」については土地の購入の際にもちろん説明を受けてましたが、
私達が聞いていた説明としては、
 ・ 今のよう壁の状態は最新の基準に対しては違反している状態。触らなければ問題ないが
   いじってしまうと最新の基準を満たすように工事する必要があるがその為には膨大な
   費用をかけて工事を行う必要が生じるため事実上よう壁をいじる事は不可能です。
 ・ そうでない限りはハゼモト側の手続き上の問題でしかないので私達には特に影響ない。

という物でしたが、実際はこの規制に関連して指摘を受けてしまってるそうです。

ニュアンスが微妙で、役所からも直接的に「補修しなさい」と言われている訳ではないそうですが、
ハゼモトサイドとしても「安全である」事を証明する必要があるとの事。
現状木の根のような物が一部よう壁から出ていたり、よう壁の一部に表面的にですが
クラックが入っていたりする為補修を行わない限りは役所も許可を出さないだろう、との事です。

じゃあその補修工事にどれだけの費用が必要かと言うと、ザッとの見積もりですが

100万円

絶句───────────────


目が点になりました。。。


結局何だかんだと諸々のコスト増が発生し、ここ2、3週の間で駆け込むかのように
150万の費用が増えた事になります。。。
太陽光を諦めればそれでも予算内に収まりますが、最初から設置すると決めてた一番の設備でもあり、
諸々の理由でそう簡単に諦めれない理由もあります。

そんな訳で「手出しの費用を増やします」と言えない位インパクトのある費用が発生してしまい
大がかりな住設の仕様見直し、最悪は一から間取りの見直しが必要になるかもです。


次の金曜には最後の最後の関係者全員を集めての「着工前会議」を控えてましたが、
当然ながらこれも延期。
この役所の許可を取らない限り一切の工事は不可能だし、ローンの手続き等もダメ。
地盤の強度調査すらできない状況になってしまいました。
打ち合わせもほぼ終わり、やっと着工だと思っていた矢先の出来事なだけに
泣きそうな位ショックです><


【5/8追記】
一部誤解を与える表現になっている部分がありましたので記事を訂正させていただきました。




>精神的ダメージデカすorz



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


【必見】住宅版エコポイントは実は30万円分使えない?!
こんばんは、ひろです^^


週末の打ち合わせでエコポイントに関する重大な情報を入手しました!

皆さん住宅版のエコポイントでポイントがどれだけ付くかご存じですか?
ニュースなんかでもかなり報道されてるので知ってる方も多いと思いますが、


30万点(円)分


ですよね?

このニュースを聞いてホクホクな方も多かったかと思います。
ところがこの話には続きがあります!!
確かにポイントは一定の条件を満たす新築の家には30万点が与えられます。

が!!

聞いた話では、


申請には10万円弱程度の費用が必要になる


との事です!!(7~8万程度?ハッキリした額は不明です)
全部商品券に変えれば30万円分の家具・家電の買い替え、買い足しに使えるなと見込んでましたが、
実際に私達の手元に残るのは申請手数料をさっ引いて実質20万円分程度になるとの事でした。

もらえるだけありがたいと思え!と言われればそれまでですが、
30万点と言う数字だけを見て「30万円分貰えるんだ」と思ってる人が世の大半
(私もその中の一人ですが)なだけに何だか詐欺にあった気分です!

それなら最初から30万円分なんて振れ回るなよ!(#゚Д゚)ゴルァ
とにかくエコポイントを当てにしている方はこの辺要注意です!!


国は見切り発車しすぎだろ!の怒りのワンクリック!



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


本申し込み完了!


こんばんは、ひろです^^


この週末は融資いただく地元F銀行に本申し込みの手続きをしました。
ハゼモトさんとしても早く申し込みをしてもらいたいと言う事情もあって、
我が家に営業T氏とF銀行の担当さんにお越しいただいての手続きです!
(ちょっとVIPな気分♪)

さてさて、本申し込みとは言えど印鑑が認めから実印に代わる位で仮審査の時とは
あんまり段取りは変わらないんすね(^_^;
大量に書類を書かされ事を予想してちょっとげんなりしてましたが、実際にはそんな事はなく、
説明を受けながら小一時間程度で終わりました^^

仮審査の内容自体は何ら問題無しと太鼓判を押してもらえてましたし、
唯一心配だった団信の申し込みができるか(以前病気して未だ薬を飲んでるのでorz)と言う点も
以前事前に審査いただいてこちらもパス済み。
順当に行けば本審査は儀式の様なもの(のはず)なのでどっしりと構えて待ちましょう^^

きっと大丈夫。 きっと。。。


さて、申し込みの内容ですが、借り入れ予定額は満額変動金利で借り入れする事にしました。
以前にも書いた事ありますが、収入に対しての返済比率を押さえた形で返済を計画してますので、
将来の安全性よりも金利の低さを優先した形です。

変動金利を選ぶと固定金利での金利優遇は得られないとの事ですので、中には短期の固定金利を
選んでおいて先々見直すという方もいらっしゃるとの事ですが、将来固定金利に変更できると言う
その「保険代」として変動金利の金利よりもコンマ数%でも高い金利で余計に支払いをしていくのも
ちょっともったいないかなと。
しかもその「保険」を使ってどうなるかと言うと、「その時点での選択中の金利よりもさらに高い
長期固定での金利に変更する事
」です。
アナリストの様に将来を見通せる訳でもない私が自分の首を絞めてでもその選択をできるかと言うと。。。
結局「支払いが高くなるから」と言ってそのままズルズル行ってしまいそうな気がします^^;

しかも銀行の担当さん曰く、「少子高齢化で社会保障費が今後重たくなっていく日本において
金利を大きく上げるほど景気が上向く事はそうそうありえないでしょう」と言う大変心強いコメントを
いただけました。
実際15年前と比べて今の方が1.数%下がっている程度との事です。逆に言えば「15年間でもその程度しか
上下は起らない」と言う事ですね^^



と言う訳で私は変動金利で繰上を頑張ります!
幸いなことに今は住宅ローン減税でのバックがありますので、この分は全て繰上に充てたいと思います!
(そうすると10年後には実質今の2DKの賃貸の家賃と同じくらいにまで支払いは落とせるはず。。。ニヤリ)

※ 金利の選択はくれぐれも皆さんのご判断でお願いします!

>ちょっとでも皆さんの参考になれば何よりです^^



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。