家づくり日記~安月給サラリーマンの家づくり~
「家を建てたい」と思い立ったところから最後までの記録にしています。現在住み心地をレビュー中です^^
訪問者数



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハゼモト建設さんで家づくりを完了!現在住み心地のレビュー中です。これから家づくりされる方々の参考になるような記事にするよう心がけてます♪何かリクエストなどあればコメ下さい^^

もし良ければ応援お願いしますm( _ _)m

にほんブログ村 住まいブログへ
全国工務店ブログ広場



【 PR 】




カテゴリ



最新記事



検索フォーム

カスタム検索



ローン金利動向



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地盤調査結果発表&着工前会議終了!

こんばんは、ひろです^^


この週末、ついにドキドキの地盤調査結果が分かりました。
当初は土留のよう壁工事等々が終わった時点で地盤調査、と言う話でしたが
よう壁工事を待たずして調査ができたとのことです。
(この辺は素人には分からない部分ですね^^;)


さて、肝心の結果ですが、、、







要中層改良!(約60万円相当)







orz







薄々そんな事になるんじゃなかろうかと予感はしてましたが案の定でした( T▽T)
ただよう壁補修の件で意地でも太陽光発電にはしがみついた手前、

今更仕様変更はもうやだ><


と言う夫婦の意見も合致。予算をオーバーしてしまう人の典型の様な気もしますが、
結局増えた地盤改良分の費用はさらに手出しを増やす事でカバーする事に相成りました。
(長々打ち合わせに精を出してる間に嫁さんがガッチリため込んでくれてました♪
さすがは2馬力の力&うちの嫁さんです(^^ ; )

精神的疲労&長期の打ち合わせによる金銭感覚崩壊&努力の成果への執念愛着ゆえ
清水の舞台はおろかスカイツリーの上から飛び降りた勢いですが、後々しわ寄せが来ないように
祈るばかりです。。。( -"-)( -"-)( -"-)

ともあれ当初予算からは大幅に予算オーバーとなってしまいましたが、どうにか
資金計画については落ち着いたようです^^
(「もう無いよね!?」と工事担当Y氏に念を押しまくったのは言うまでもありません(; ̄▽ ̄)
そして「もう無いです」と言い切りながらもちょっとオドオドするY氏に一抹の不安^^;)
家の中の話をしてる時点では自分達の中では許容できる範囲での費用には収まってましたが
結果としてこういった結果に至ってしまいました。
思うに土地に対する調査一式全てを最後に回してしまったのは私の家づくりの最後にして最大の
失敗でした( -"-)

流れ上致し方無い部分もありましたが「できるだけ早い段階で土地の調査を済ませる」と言う事を
気にしておくだけでもこのような事態は防げた様に思えます。
早い段階であれば予算に合わせて間取りで調整してたでしょうからねぇ。。。( -"-)


まあ資金の話はこんな感じです。


続いて着工前会議では左官、内装、基礎工事、etcetc各パートパートの業者さんがずらっと
揃っての細かい部分の確認がメインでした。
通常は全部の要件を決めてしまったうえでの打ち合わせですが、私の場合
外構部(特に道路に面した部分)については若干積み残しになってます。ごめんなさいY氏><

最後に施主の挨拶と言う事で恐縮ながら私の挨拶でした。(人前は超苦手です><)
「くれぐれも怪我や事故だけは無いように」と挨拶しておきながら、
その直後、落としたペンの蓋を拾う為に机の下に潜り込んで一同の前で自らが頭を痛打。



もちろん演出ですとも。演出(; ̄▽ ̄)



まさか、偉そうに挨拶しておきながら頭を打つなんてマヌケな、、、

そんな、、、まさかねぇ、、、

ですよ、うん、、、




と、言う訳で!(どんな訳かは内緒!)
いよいよ工事スタートです!!(^0^)/


>ようやく打ち合わせも一段落です♪応援やアドバイスをいただいた方々、本当にありがとうございました。
 完成までの間、いましばらくお付き合いくださいm( _ _)m



スポンサーサイト

テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


土地決済完了!


皆さん、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願い致しますm( _ _)m


間取りの話ばかりで書き漏らすところでしたが、年末に土地の方の決済が完了しました!
決済は売主の方と銀行の応接室をお借りして行う事になりました。

私の場合、決済はローンを利用せず(最終的には利用しますが一時的に手出しで立て替えます)
現金での決済でしたので、やった事はと言えば、
 ・現金の受け渡し(土地の残代金、司法書士費用、土地の仲介手数料、土地の固定資産税)
 ・契約書に数枚記入。
 ・土地の権利書についての説明を受ける。
こんな感じでした^^
契約の際にはかなり時間をかけて色んな説明を受けましたが、今回は30分もかかってなかったと
思います。かなりあっけないもんですねぇ~f^^;

さて、土地の決済が完了したところで土地選びについて私なりに感じた事をまとめておきたいと
思います。ちなみに、他の不動産サイトで一般的に書かれているような事はそちらにお任せ
したいと思いますのでご了承をば^^;

① 古家付きの土地はできれば避ける。
  これは本当に痛感しました。家を壊さずリフォーム等を行う場合はこの限りではないですが、
  壊して立て替えるつもりなら避けた方が良いと思います。なんでかと言うと、、、
    1.余計な費用がかかる。
      壊す為の費用が数十万~百数十万の単位で必要になります。土地の売買の際に
      先方に費用を持ってもらえる場合は良いですが、それでも余計なコストが発生する事には
      変わりありません。この分他のところにお金をかけれたら、と思うとやっぱり
      もったいないですよね?( -"-)
    2.土地の調査ができない。
      比較的新しい建物が建っていて諸々の土地の調査が行われている場合は良いですが、
      そうではなく、何十年も前の建物が建っている場合は土地に関する情報が足りてない
      場合があります。(私もそうでした)
      後々調べを進めていくと地盤の補強が必要になったり思っても無いような費用が発生する
      リスクが残ってしまいます。きちんとこの辺の事前調査が可能な土地を選んだ方が後々
      安心できるかと思います。

② 段差のある土地は避ける。
  土地内で高低差が発生する土地は避けた方が良いかと思います。
  単純に「利便性が下がる」という問題もあります。私は「玄関前が階段になる位良いか」と
  安易に考えていました。が!大きな高低差の場合「土留のよう壁」工事が必要になり、これも
  面積にもよりますが数十万程度の費用が必要です。
  要するに「余計にコストがかかる」と言う事です!


どうでしょうか?「古家付きで高低差のある土地」を選ぶだけでそうではない土地と比べて
150万~200万は余計に費用がかかります。これならそうではない土地を選んで他のところにその
お金をかけた方が良いですよね?^^;
次にもう一つ、肝心なポイントです!


③ 幅、または奥行きが極端に狭い土地は避ける。
 もちろん幅や奥行きが狭くても家は建ちます。建てばそれでイイ、と言う人には無用な
 アドバイスです^^;

 よく「狭小地」と言う言葉を聞きますが、具体的にどれだけの幅だったらどんな制限が発生するか、
 と言う点です。
 あからさまに狭い土地だと誰もが手を付けないと思いますが、これを知ってるのと知っていないのと
 では違うと思います。(と言ってもさして難しい事ではなく、言われれば当り前の事ですが^^;)

 まずどのメーカーでもそうですが、畳半畳(910×910)を基本的な単位として、その半畳を土地に並べて
 いくイメージで間取りを考えていきます。この畳半畳のサイズを「1P」とします。
 (ちなみに選ぶハウスメーカーによってこの「910×910」のサイズはまちまちです。一度確認してみて
 下さい^^)

 で、本題ですが私が確実に言えるのは(縦でも横でも同じですが)
 7P未満は避けた方が良い
 と言う事です。 
 6.5Pではダメで、7P以上ある土地は最低限選んだ方が良いと思います。
 (理想は8P以上でしょうか?)
 この7Pと言うのがどういうサイズかと言うと、4畳半の部屋を横に2つ並べ、さらに間に廊下が取れる
 幅だからです。
 【イメージ】
  7P

 6.5P以下だと部屋の配置はできても廊下を敷けなくなる為、部屋続きの間取りしか取れなくなります。
 逆に言えば廊下を敷く必要がある部分には2部屋は並ばせられない事になります。

 例えば「4畳半の部屋」「廊下」と配置した場合、残ったスペースに置けるのは玄関やトイレ、洗面と言った
 感じのスペースのみでリビングやキッチンは置きづらくなります。

 これがさらに狭くなって6P(私が選んだ土地がそうですが)になると、上記の制限に加え、4P以上の幅を
 要する部屋(リビングやキッチンなど)の横には廊下や階段、トイレ位しか配置できなくなり、3P以上の
 幅の部屋を2つ並べることができなくなります。

 と言う事はどういう事かと言うと、一方向に部屋を並べるしかレイアウトの術がなくなる為、
 必然的に家全体が細長くなり、動線が長くなっていきます。


私の体験談としてはこんなところでしょうか?^^
ただ、いずれのアドバイスもそうですが「絶対ではない」と言う点は付け加えたいと思います。
要するに上記のようなデメリットを抱える事になっても、代わりに得られるメリットがあるのであれば、
それを踏まえたうえで上記のような土地を選ぶのはアリだと思うからです。
(私の場合は希望するエリアで予算に合う土地そのものが無かった為、「希望する予算とエリア」と言う
メリットを取る為にあえてこのような土地を選びました。おかげで今散々頭を悩ませてる訳ですが。。。orz)


これから土地を探される方の参考になれば幸いです^^

>今年も応援よろしくお願いします!



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


一度ならず二度までもorz

毎度どうも、ひろです^^


この週末も例によって間取りの打ち合わせでした。
ところがどうも営業T氏のトーンが低い。はて・・・?

実は不動産会社から連絡があり「測量が完了したので説明したい」と言う連絡が私の方に
あってましたがこの件に関連しての事でした。
話を聞いてみると、ハゼモトさんには前日に測量結果の図面が送付されていたとの事です。
これを緊急で現在ベースにして間取りを考えていた図面と比較してみると

工事できない位隣の敷地との距離が狭い

とのこと。
元々間口の狭い家なので隣の敷地の境界からの距離はかなり狭かったんですが、
実際に測量してみると それ以上に狭いとの事ですorz
打ち合わせの時間ギリギリまで家の配置を詰めていたようですが、どうも浮かない様子。
あれやこれやと説明は受けましたが詰まる所「間口をさらに450mm縮めないと無理」と言う
無言の叫びが聞こえます。

悩みに悩んだ上でようやくそれらしい間取りが決まったかと思えばこの事態。
一歩進んで二歩下がるとはまさにこの事です(┬┬_┬┬)


さらにもう一つ悩ましいのがお隣さんとのブロック塀。

お隣さん皆と立ち会いの下測量師が確定測量をしたとの事ですが、結局そのブロック塀が
どちらの所有物かは明確にされていないままで報告されてました。
この日は直接現地で説明するからという事で不動産会社に呼ばれて現地に行ってきましたが、
ご丁寧にブロック塀の厚みのど真ん中に境界のマークが入ってました。
ハゼモトさんとは「ブロック塀は測量が終わってどちらの所有物かはっきりしてから壊すか避けて建てるか
決めましょう」と言う事にしてましたが、結局中途半端にうやむやのまま。
ハッキリしないから共有の物にしときましょう」と言うスタンスなんでしょうがいっそ「うちの物だ!」
と言ってくれた方が諦めが付くのに、と言う感じですorz

一度ダイワハウスで測量してもらった時点で一度家が小さくなってるのにまたさらに家は小さくなるわ
間取りはもう一度調整せんといかんわ、塀も結局ハッキリせんわ、、、

(#゚□゚)<ああもうイライラする!!!!


>励ましクリックぷり~ずorz




テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


土地契約完了

こんにちは、ひろです^^


先週末、ついに土地の売買手続きが完了しました!
私の場合は不動産屋を介しての土地売買でしたので、
不動産屋の担当の方、そして売主さんと顔を突き合わせて諸々の説明、
および契約となりました。
(直接売主の方と顔を合わせる事になるとは思ってませんでした^^;)

現況渡しと言う事は事前に説明を受けていましたので特に依存は無いのですが、
不動産屋の担当がしきりにこの点を強調するので、嫁が「無責任な気がしてきた」と
ややご立腹気味。頼むよ、担当さん。怒ると怖いんだから。。。orz

契約そのものは事前に説明を受けていたとおりですので、滞りなく完了し、
土地の手付、および印紙代として60+1万円を支払ってきました^^
(ところで頭金無しで土地から購入される方はこの辺の大きな金額の支払いって
どうされるんでしょうね、、、?)

ただちょっと気になる事が。
お隣さん(以下Aさん)なんですが、土地の境界的には私側の「土留めのよう壁」が
Aさん側の土地にかなり盛大にはみ出した状態になっています。
この事は事前に申し合わせ(周りも全部似たような状態なので)許容する事としていました。

で、不動産屋の担当さん曰くこの「はみ出したよう壁」とAさん側のよう壁の境目の
コンクリートを塗って補修していた個所のコンクリがはがれて落ちてきてるから私に補修して
欲しいとの要望を言われているとのこと。(絶対の義務ではないそうです)
(よう壁の下にAさんの貸し出している駐車場があるかららしいです -.-;)
Aさんの言い分としては土地はAさんのものだがよう壁は私側の土地の土を留めておく為の
物だから私が補修するのが筋、との事でした。

今のところ私が対応予定としていたよう壁の補強工事は反対側Bさん方との境界部分でしたので
Aさん側よう壁の工事は現状予算には含まれていません。
ただ、同じ言い分を私が言うとすればBさん側のよう壁の補強工事もBさん側の土地の土を
押さえておく為のものなのでBさんが補修するのが筋、となってしまいます。
(ここはハゼモト建設T氏も同じような考えを持たれていた様子)

ところがBさんご自身は現在入院中で家は空き家状態。応対は離れて暮らしてる娘さんが
されているとの事で、↑の話をすんなり受け入れてもらえるとも思えません。
最悪、両方の補修工事の費用を私持ちとなる事もありえるので、この点がかなり気がかりです。
これからもご近所付き合いしていく事になるのであまりもめ事にはしたくはないのですが。。。

>いつもご愛読いただきありがとうございますm( _ _)m



テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。