家づくり日記~安月給サラリーマンの家づくり~
「家を建てたい」と思い立ったところから最後までの記録にしています。現在住み心地をレビュー中です^^
訪問者数



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

ひろ

Author:ひろ
ハゼモト建設さんで家づくりを完了!現在住み心地のレビュー中です。これから家づくりされる方々の参考になるような記事にするよう心がけてます♪何かリクエストなどあればコメ下さい^^

もし良ければ応援お願いしますm( _ _)m

にほんブログ村 住まいブログへ
全国工務店ブログ広場



【 PR 】




カテゴリ



最新記事



検索フォーム

カスタム検索



ローン金利動向



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


良心的な工務店の見分け方

先日市が主催している家づくりの勉強会に参加してきました。
内容としては建築士だったりファイナンシャルプランナーだったりが講師として講演して
くれるというものでしたが、その中で「良心的な工務店の見分け方」と言うのを
教えてくれましたので今回紹介したいと思います。

工務店にお願いして安く家を造りたいけど、安心して任せられるのかどうか心配、
と言う人も多いのではないでしょうか?^^
今回はそんな方向けの内容です♪

その講師の方は2点見分け方を教えて下さいましたが、まずその1点目です♪

1.良い工務店は見えないところにお金をかける

家と言うのは柱だったり梁だったりで骨組みを作り、そして断熱材を敷いて最後に外壁・内装と
だいたいこのステップで進むようです。
この中で外壁、内装は最終的に目に見えるのでどの会社もきれいに見えるように仕上げますが、
家という「器」の機能としてはむしろ柱・梁・断熱材など、工務店側が言うところの「構造体」が肝になり、
ここがしっかりしているかどうかで暑さ寒さや耐震性などが決まってきます。
良心的な工務店はこの最終的に壁や内装で蓋をしてしまい見えなくなる部分に力を入れて
施工するそうですが、そうでない工務店は内装のおしゃれさだったり、充実した装備だったりと言う
上っ面を固めて売り込みをするそうです。
(もちろん装備やおしゃれも売りの一つですから、基本的なところをちゃんと押さえたうえで
売りこんできているんであればそれはそれで問題ないですよ?^^;)

一つ明確におっしゃっていたのは、いわゆる内断熱工法(柱と柱の間に断熱材を敷いていく
工法です^^)を用いて施工する際の断熱材に「10K 50mm」と言うタイプの物を用いて施工し、
「ちゃんと断熱材を敷いてるから大丈夫」と言う工務店はNGです!との事。
この「10K 50mm」と言う断熱材は気休めにしかならない程度の断熱機能しか無いそうで、
「施主さんがお金が無いからこれでやってくれと頼まれた」と言うならいざ知らず、胸を張って
「うちはバッチリです」と言う工務店は見ても分からないからとあなたに嘘を言っている可能性が
あるそうです。

それから2つ目。

2.住宅性能表示を実施している

そもそも住宅性能表示とはなんぞや、と言う話ですが、講師の説明によると要するに
「断熱性や耐震性能など目には見えない家の性能を設計図面や実際の計測結果に基づき
点数をつけましょう」と言うものだそうです。

 >> 住宅性能表示について詳しく知りたい方はこちらへ。

この点数を付けるのは施工する工務店ではなくきちんとした第3者機関が評価するので、
工務店はキチンと施工し、評価が得られるだけの品質に家を仕上げない限りは工務店が
宣伝するような評価を得る事ができません。
要するに工務店が「うちは地震に強いですよ~」なんて宣伝していてもこの住宅性能表示の
結果を見ればそれが嘘かホントかは一発でばれてしまう訳です^^b
それに複数の工務店・メーカーが「うちの家はイイですよ~」と言われてもこれまで建てる側は
それを同じ尺度で比べる事ができませんでしたが、この表示を見る事で「この工務店よりこっちの
工務店の方がいい」ときちんと把握する事ができるようになります。

これを踏まえて、家を建てる側は工務店が公開する評価の結果と値段から折り合いの付く
工務店を選べば良かれ悪かれ家の性能をある程度把握したうえで買い物をできるようになります。

で、ここで問題になるのはこの住宅性能表示をやっていない工務店。
実はこの住宅性能表示と言うのは義務では無いらしく、まだ実施していない工務店も
多いそうです。これも実際に住宅性能表示をやってしまうとボロが出てしまうから、という理由で
対応していない工務店もあるそうなので、「住宅性能表示ってされてますか?」と聞いてみて、
「いや~お客さん、あんなのしなくてもうちの家は大丈夫!」という様な工務店は避けた方が
良いとの事でした^^
逆にいえばこの住宅性能表示をされている工務店であれば、品質面では安心して良いと
言えそうです!

この2点を踏まえると私が一番本命と考えている工務店はむしろこの辺を常にアピール
されていたので問題無しの優良工務店と判断できそうです*^0^*
工務店に家づくりをお願いしようと検討されている方は参考にされて下さい!

↓そして「参考になったよ!」と言う方は支援をお願いしますm(; _ _)m
にほんブログ村 住まいブログへ


テーマ:お家が出来るまで - ジャンル:結婚・家庭生活


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://housemadediary.blog68.fc2.com/tb.php/17-de8976fc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。